会社設立の手順について - 東京で会社設立したいと思ったら

HOME » 会社設立したいなら » 会社設立の手順について

会社設立の手順について

会社設立をスムーズに進めて行くためには手順をよく把握して計画的に進めて行くことが重要になります。
これは東京に限らずすべての地域の起業家に言えることですし、企業の規模は関係ありませんのでしっかりと手順を踏んで手続きをしましょう

まず最初にやらなければならないのが事業内容と会社設立にかかる費用の設定で、この2つはセットになっています。
自分が思い描いている事業計画があっても資金がたりなければできませんし、資金があってもそれをうまく使うことができなければ意味がありません。
したがって魅力的なプロジェクトを生み出すと同時にそれにあった金額を資金調達できる手段を構築する必要があります。

次に会社名と会社の所在地を決めて商業調査を行い、会社設立に問題がないか確認します。
商号調査は専門家に依頼したほうが早く、確実なので、自分でやるよりも信頼できる専門家の力を借りることをおすすめします。

これらがすべて終わったら会社の組織を構築するために機関設計を行い、定款の作成・認証をします。
定款の作成は株式会社の場合公証人手数料が50,000円、収入印紙代が40,000円、合同会社の場合は定款の認証が必要ないので40,000円になります。
ただし紙の定款ではなく電子定款にすると収入印紙代がかかりませんから、株式会社は50,000円、合同会社は0円になります。
定款の認証が終わると資本金の払い込みをして登記に必要な申請書類を作成します。

登記申請書類の作成を専門家に依頼する場合、司法書士以外は作成できませんから注意してください。
同時に申請の代行も司法書士になるので、書類作成全般を専門家に任せようと思っているなら司法書士が便利です。
登記は法務局にて行いますが、法務局は平日の午前8時30分〜午後5時15分までとなっているので、この間に出向くか代理で行ってもらうようにしましょう。
登記申請が完了すればあとは税務署へ開業届を出したりするだけです。