東京で会社設立するには - 東京で会社設立したいと思ったら

HOME » 会社設立したいなら » 東京で会社設立するには

東京で会社設立するには

東京で会社設立するにあたって、どんなことが重要になるでしょうか?
東京はいくつもの企業が集う日本の首都であり、世界的に名の通った大企業から、一部のエリアだけで営業している中小起業まで幅広くあります。
したがって、まずはどんな企業が成功していて、どんな企業が失敗しているのか学ぶことがポイントになるでしょう。

現在会社法は改正されて株式会社の資本金設定はなくなりましたから、誰でも簡単に株式会社を設立できるようになりました。
会社設立費用は定款の認証手数料が50,000円、定款印紙代が40,000円、定款謄本代が2通でおよそ2,000円、登録免許税が150,000円、登録事項証明書代が1通600円、印鑑証明書代が450円で合計243,050円となります。
定款を紙ではなく電子定款にすると40,000円が0円になりますから、株式会社を設立するには最低203,050円から243,050円あればいいということになります。
ただこれはあくまでも会社設立の手続きに必要なお金であり、運営費用ではありません。
したがって運営費用を別に用意しなければならず、成功している企業の多くは資金調達をしっかり行っています。

お金をかけずに魅力的なプロジェクトを進めて行くことももちろん可能ですが、資金が多ければ選択肢も広がりますので、アイデアをより活かしやすくなります。
成功している企業はお金の使い方も上手いですから、どこにどんなお金を使っているのか調べるのもいいかもしれません。

たとえば最近商工会議所などが新規に起業する人を対象にしたセミナーを開くことも増えており、そこで起業や経営に関するノウハウをアドバイスしてくれます。
そういった場に積極的に足を運ぶことによって、今まで知らなかった新しいやり方を学べますし、これまで自分が考えていたことにプラスするとまた新しく魅力的なプロジェクトになるかもしれません。
つまり資金調達もプロジェクトの計画も自分で動くことが基本になるのです。