会社設立は自分でできる? - 東京で会社設立したいと思ったら

HOME » 会社設立したいなら » 会社設立は自分でできる?

会社設立は自分でできる?

東京に限らず、会社設立をしたいと考えている人の中には手続きを自分でやりたい人もけっこういるみたいです。
そこで今回は自分で会社設立手続きをする場合、どのようなことが必要なのかお伝えしていきますので参考にしてください。

まずはじめに会社設立手続きを自分でやる理由として「できるだけコストをかけたくない」というのがあげられますが、会社設立手続きでもっともコストカットできる部分は定款です。
定款の作成は紙でする場合、公証役場で印紙代を支払いますので40,000円かかりますが、電子定款にすると0円です。
したがって電子定款を自分で作成できるのであれば大きくコストカットできますし、自分でやるメリットもあるでしょう。
ただ電子定款を作成するためには専用のソフトを導入しなければなりませんし、専門的な知識も必要なので、それがない状態からはじめると逆に高くなってしまう可能性があります。
つまり自分で会社設立手続きをするためには法律的な知識と電子定款を作成できるだけのスキルを持っていなければならないのです。

次にコスト面ではなく、もともと法律的なことに興味があったり法学部出身だった人はある程度コストがかかっても自分でやりたいという人がいます。
この場合、本人の意思が大きいので特に問題はありませんが、時間がかかり過ぎてしまうと会社スタートが遅くなってしまうので、その間の収入面で不安が出てきます。
自分の会社だから全部自分でしたいという気持ちは誰もが持っているでしょうが、この辺りは現実的に考えてメリットの大きいほうを選択するほうがいいと思います。

最近では会社設立手続きに関する情報もインターネット上に数多く掲載されているので、独学で勉強することもそれほど難しくありませんから、チャレンジしてみたいならできるだけ情報収集をしてください。
会社設立は手続きを完了させることが本番ではなく、利益を出すことが目的なので、その点を考え適切な方法で進めていきましょう。