会社設立代行サービス - 東京で会社設立したいと思ったら

HOME » 会社設立したいなら » 会社設立代行サービス

会社設立代行サービス

東京には会社設立の代行サービスを提供している業者がいくつもあって、新規事業の立ち上げに伴い、手続きの代行を依頼する企業も増えているそうです。
近年この代行サービス業者が増加しているのは会社法の改正に伴い資本金の設定がなくなったことで起業する人が増えたこと、そしてインターネットの大幅な普及もあって宣伝しやすくなったことがあげられます。
それでは代行サービス業者を利用するメリットはどこにあるのでしょうか?

まずひとつめは必要に応じて手続きの代行をしてもらえる点で、たとえば電子定款の作成だけ依頼したい場合はそこだけを代行してもらうことも可能ですし、逆に最初から最後まで手続きの代行をしてほしいというのもできます。
プランは業者ごとに異なる部分もありますから、ホームページなどを参考にして自分に合ったところを見つけてください。
税理士や司法書士が所属している業者もありますが、所属していなくても提携しているところがほとんどなので、基本的にできないことはありません。

次に顧問契約の必要がない点もメリットのひとつで、たとえば会計事務所を利用する場合、ほとんどのところで顧問契約を前提としたプランしかありませんが、代行サービス業者はそのとき限り代行してくれます。
したがって自分に合った税理士をゆっくり探したいけど、会社設立手続きは早く進めたいという人にはぴったりです。
また、必要に応じて顧問契約ができる業者もありますから、その点も確認しておくといいかもしれません。

最後に料金が安い点があげられ、これは自分で手続きをするよりもかなり安くなる場合があります。
たとえば自分で会社設立手続きをすると定款印紙代40,000円を支払って作成することが多いですが、代行サービス業者なら電子定款の作成が可能なのでその40,000円がかかりません。
もちろん依頼料はかかりますが、トータルで金額を考えたときに代行サービス業者を利用した方が安いことが多いです。