専門家へ相談しよう - 東京で会社設立したいと思ったら

HOME » 会社設立したいなら » 専門家へ相談しよう

専門家へ相談しよう

東京で会社設立するなら専門家へ相談しながら進めるのがおすすめで、これはスムーズな会社スタートに繋がるだけでなく、経営に関するアドバイスももらえるからです。
それでは会社設立時に相談にのってくれる専門家はどんな人がいるのでしょうか?

まずはじめに税金関連の相談であれば税理士で、税理士は企業ともっとも密接な関係にある専門家と言っていいでしょう。
なぜなら企業と税金は切っても切り離せないもので、法人税や法人住民税など法人になるとかかってくる税金や年末調整・確定申告に関することも税理士に任せるのが一般的だからです。
また、経営者はある程度会計の知識を持っておかなければスムーズな運営ができないので、自分でも学びながら税理士からアドバイスを受けることでより理解を深めることができます。

次に書類作成から申請代行に関する相談は司法書士がおすすめで、この資格は会社設立全般の代行をしてくれますから、手続き関連に自信がない、あるいは時間が取れない人には大きな力になってくれるでしょう。
会社設立時の重要書類と言えば定款で、これは現在電子定款が主流となっていますが、専用のソフトを使用して作成するため導入コストもかかりますし作成するまでにも時間がかかります。
司法書士に任せてしまえばそういった煩わしいこともありませんし、登記書類の作成から申請代行は司法書士以外はできません。

最後に法的なことに関しては弁護士が一番で、たとえば会社設立後に起こりうるトラブルの相談やトラブルに備えて顧問契約する企業もたくさんあります。
このように会社設立時に相談できる専門家はたくさんいますので、自分が気になることを明確にしてアドバイスをもらってください。
最近では専門家が所属している会社設立代行業者も数多くありますので、そちらを利用するのもひとつの手段です。
ただし顧問契約を前提にしていないところもありますから、あらかじめ確認しておきましょう。