費用の準備 - 東京で会社設立したいと思ったら

HOME » 会社設立したいなら » 費用の準備

費用の準備

会社設立するときにもっとも苦労したことは何かと経営者の方に尋ねたところ、「会社設立費用の準備に苦労した」と答えた方が非常に多く、これはどこのエリアで起業するにしても同じことが言えるみたいです。
現在会社法は改正されており、以前は株式会社設立のために最低でも1,000万円の資本金を準備しなければなりませんでしたが、今ではその規定もなくなっているので資本金1円でも起業することはできます。

しかし実際に会社を運営していこうと思うと1円で何かはじめるのは非常に難しいですし、一般的に考えて現実的ではありません。
さらに会社設立の手続きにかかる費用も準備しなければなりませんから、トータルするとかなりの額に及びます。
それでは会社設立に必要な費用にはどんなものがあるのでしょうか?

まずは先ほどお伝えした会社設立の手続きに必要な費用と資本金で、これは絶対に必要になるものです。
手続きにかかる費用は株式会社の場合、定款の認証手数料が50,000円、定款印紙代が40,000円、定款の謄本代が2通でおよそ2,000円、登録免許税が150,000円、登記事項証明書代が1通600円、印鑑証明代が1通450円と合計で243,050円かかります。
合同会社の場合は定款の認証が必要ないので、定款印紙代が40,000円、登録免許税が60,000円、登記事項証明書代が1通600円、印鑑証明代が1通450円と合計で101,050円になります。
ただし定款を電子定款にした場合は定款印紙代が0円になるので、合計額から40,000円引いた価格になります。

次に資本金ですが、こちらはだいたい会社スタートから3か月分の運営費を賄える程度の金額を用意しておくのがひとつの目安になっているので、従業員の数や事業内容によって異なります。
ほかにも事務所や店舗を借りるときのお金やインターネットをつなぐときの工事費用などもかかりますので、このあたりも計算に入れておきましょう。