必要な書類は - 東京で会社設立したいと思ったら

HOME » 会社設立したいなら » 必要な書類は

必要な書類は

会社設立に必要な書類は数多くあり、それらを揃えなければ起業することができません。
これは東京で会社設立するときだけでなく、どこでやるにしても同じですし、必要書類については早くから把握しておいたほうがいいでしょう。

まず公証人役場へ提出する書類は定款と発起人すべての印鑑証明書で、特に定款は会社のルールブックとなる非常に重要な書類です。
定款に記載する内容は設立日、商号(社名)、事業目的、本店所在地、公告方法、発行可能株式総数、株式の譲渡制限、取締役の員数、取締役の任期、事業年度、設立に際して出資される財産の価額、最初の事業年度、設立時の役員、発起人(設立時の株主)となります。

定款は公証役場で紙による作成が可能ですが、この場合収入印紙代の40,000円と株式会社の場合は公証人手数料50,000円がかかります。
ただ電子定款にすると収入印紙代がかかりませんので、最近では電子定款を選択する人が増えています。
電子定款は専用のソフトを使用するので専門的な知識が必要になりますから、ここだけ専門家に任せるという人も多いです。
印鑑証明書は各市町村役場に行けばすぐに取得できますので、該当者が出向いて発行してもらいましょう。

次に法務局で必要になる書類ですが、これは登記申請書・認証済みの定款、取締役・代表取締役の就任承諾書、発起人の決定書、資本金の払い込みを証明する書類、印鑑届出書、代表取締役・取締役個人の印鑑証明、登記事項を保存するCD-Rなどです。
中でも登記申請書類は専門家に依頼するなら司法書士のみしかできない重要な書類なので、作成を依頼するならあらかじめ司法書士を探しておきましょう。

あとは税務署にて法人設立届出書、給与支払事務所等の開設届出書、青色申告の承認申請書、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を提出します。
ほかにも業種によっては各自治体に申請書を提出する必要がある場合もあるので確認しておきましょう。